IMG_9346.JPG

タイマン?
笠井里美(アマヤドリ)、齋藤陽介(ホチキス)、森田祐吏による、
『その時やりたい事をやる!』というコンセプトで立ち上がったユニット。


タイマンHP


次回公演情報
タイマンvol.4
カステラと伊達巻
2016年2月25日(木)〜29日(月)
【作】齋藤陽介
【脚本協力】三木伸一
【出演】笠井里美(アマヤドリ) 齋藤陽介(ホチキス) 森田祐吏


2013年10月21日

アレ完成

齋藤です。


寒いですね。
こう寒いと、
「こたつを出そうかどうか考えてたら一日が過ぎてた」
なーんてこと、みなさんもあるんじゃないですか?
ないか。

そうそう、こたつで今ほんと偶然思い出したんですけど、
こたつって三文字じゃないですか、
で、あったかい、つまりホットじゃないですか、
それとあと四角いでしょ、
これって何かと似てません?

三文字で、ホットで、四角い……



そうですね、「チラシ」ですね。


『かなわない夢ガール』のチラシが完成しました!
なんてホットな情報なんでしょうね!
前回のパンチラで歯を食いしばりながら待っていた男性も多いと思います。
お待たせしました。仕上がり、お見せいたします!



はい、どーん!

かなわない夢ガール チラシ表.jpg



裏もどーん!

かなわない夢ガール チラシ裏.jpg



爽やかさと哀愁漂う、女子高生with東京タワーです。
撮影とデザインは高倉大輔氏で、
前回公演『ハネムーンメイビー』の時にもお世話になりました。
そして、前回にも負けず劣らずのクオリティを叩き出してくださいました。
感謝!

こんなことやられちゃ、気持ち高まりますよね。
チラシのインパクトに恥じぬ作品を上演したいと思います。


で、調子に乗ってたくさん刷ったので、
都内のいろんな公演に折り込む予定です!
手始めに以下の二つに折り込むので、みなさん要チェケラ。



slide03.jpg

月刊小玉久仁子10月号 〜一人芝居と二人芝居〜
『女心と秋の空』
2013/10/22(火)〜27(日)
@スタジオ空洞(『かなわない夢ガール』と同じ会場!)

詳しくはホチキスHPで!



65f77497a2dde29dcafe3955259b6a8d.jpg7eda2befc41c5cb11f5a8a3f8d3aa751.jpg

アマヤドリ2本立て本公演
『うれしい悲鳴』/『太陽とサヨナラ』
2013/10/23(水)〜11/3(日)
@吉祥寺シアター

詳しくはアマヤドリHPで!



それではみなさんよい夢を。
posted by タイマン at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

叶いたまえ!

齋藤です。


次回公演『かなわない夢ガール』の脚本を書き進めてます。

筆が行ったり来たりして、初めの構想からまるで違うものになってきてますが、
そろそろ「完本」という言葉が見えてきたので調子に乗ってブログ更新しますね。


最近はいろんな舞台やら映画やら漫画やら情熱大陸やらを見て、
「世の中には面白いことしてる人がたくさんいるなあ」
なんて思いながら、多かれ少なかれ確実に刺激を受けてます。
刺激っつーか、衝撃を。
だから、この時期に見たものからはなにかしら影響を受けてるし、
作品にもどんどん反映されてってます。

見よう見まねで脚本というものを書くようになって、
自分の考えてることが前より鮮明になってきて、
そうすると人の頭ん中も見えてくるような気になってきて(気になってるだけ)、
で、人の作ったものから
「こんな人生送ってきたんじゃねぇかな」
「こんな瞬間とかあったんじゃねぇかな」
って勝手に妄想するようになりました。
まあ十中八九外れてるとは思うけど、でもいいんです。
妄想することは楽しいし、無限大だし。


どっかで聞いた話ですが、

「人間が頭の中で考えることは、全て、この世界では実現可能」

らしいです。

へー。


そんなの夢みたいな話だけど、
機械が超小型化したり、よく分かんない新たな粒子とかが発見されてる現状を見ると、
それはわりとほんとにそうなんじゃないかと思えてきます。


なんか生きてると、
「夢みてーなこと言ってんじゃねぇよ!」
なんてバカにしたりされたりするけど、
特に今はネット上で好き勝手言われ放題で、
なんも言えねえよーあーなんかもう八方塞がりじゃんって思う瞬間もあるけど、
でも実際みんな夢見てると思うし、
見ていいと思うし、
じゃあYou実現させちゃいなよ!って、思う。

いや違うなー。

あたしゃ実現させるよ!
勝手にやるよ!
みんなの見てないところでだけどねー。
へへーん、今に見てろ。
夢に向かって努力しよーっと。
地味で地道な努力しよーっと。
がんばりまーす。
でもがんばらない日もたまにはあるよ?
スマホのゲームでハイスコアたたき出すために何回も挑戦する時もあるよ?
誰だかよく分かんない人の下世話なブログ読んで一人で爆笑してる時もあるよ?
ビールとハイボールと日本酒と麦焼酎とワイン飲んで吐く日もあるよ?
でもね、がんばってます。
がんばってるよね?俺。

っていうのがほんとのところ。

で、そんな日々を送って、
自分大好き!と思ったり、大嫌い!と思ったり、弱いなあ俺と思ったり、「いや俺は強い!海賊王に、俺はなる!」って思ったりしてます。



『かなわない夢ガール』はたぶん、そういう話になると思います。
僕が頭ん中で妄想したそんな物語が、文字になって、俳優の体によって可視化されてくのが今から楽しみでなりません。
「人間が頭の中で考えることは、全て、この世界では実現可能」
だので、
来年一月には嫌でもこの世界に現れるはずです。

そして、きっと面白いと思います。


どうぞお楽しみに。



あと、チラシが間もなく出来上がります。
超いい仕上がりになりそうです。

先走って一部だけお見せします。
パンチラします。
抑えきれなかったこの衝動!!



夢ガールチラシ第一候補元写真.jpg



こんな感じです。
全貌公開まで、しばらくはこちらの画像でお楽しみください。


ではまた!
posted by タイマン at 19:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

次回公演情報



タイマンvol.3の情報公開です目


タイマンvol.3
「かなわない夢ガール」

作・演出 齋藤陽介


●日時
2014年1月22日(水)〜1月26日(日)

●会場
スタジオ空洞 (池袋)

●出演
笠井里美
齋藤陽介
森田祐吏
陣内ユウコ


●チケット受付開始
2013年11月22日(金)




今回もメンバーのみでお届けします。
気合いいれて楽しい作品を作っています。
ぜひ見に来てくださいexclamation×2


posted by タイマン at 10:10| Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

撮影!



今朝 晴れ 6時集合で

次回公演のチラシと、
4人揃ってのHP用の写真の撮影でした。


朝日を真っ向から浴びて、
気持ちいい空気のなか、
順調に撮影がすすみましたexclamation×2





カメラマンは、前回公演のチラシを作ってくださった高倉大輔さん。
敏腕カメラマンさん ぴかぴか(新しい)






チラシ、HPの写真、どちらも完成を楽しみにしていてください〜揺れるハート


そして、近々次回公演の詳細をアップします!





陣内ユウコでしたぴかぴか(新しい)
posted by タイマン at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ハネムーンメイビー おわり

DSC_0390.jpg
昨日、タイマンvol.2『ハネムーンメイビー』の全公演が終了いたしました。

脚本・メイン演出・そして出演の、タイマン主宰齋藤陽介です。


タイマンとしては、二回目の公演でしたが、森田と陣内を加えた新生タイマンとしては初めての公演でした。
たくさんの方に支えていただき、観ていただきました。
今年の始めに笠井と二人でこのユニットを始めた時からすると、何かが結実したように思える今回の公演となりました。
感無量です。


とても個人的なことを書きますと、僕にとっては今回、ほぼ初めての脚本と演出でした。
内容的にもとても個人的なものだったと思います。
だから、この作品が果たして観てくださる方々に届くのかどうかはとても不安でした。
もともと「やりたいことをやる」のコンセプトで立ち上げたので、届くかどうかは度外視してもいいんじゃないかとも思いましたが、いや違う、何かしらの影響を与えないとやる意味はないと考え直し、無我夢中で稽古に励みました。
お客さんみんなあっての演劇だし。
それに僕はその演劇が大好きだし。


「人間がライオンの夫婦を演じる」という発想は、実は一番始めに思いつきました。
会場であるライトサイドカフェの一角に構えられた白い木枠を見て、「檻っぽいな」と思ったのです。
だから、あ、動物園だな、と。
そしてライオン好きだから、ライオンだな、と。
正直陳腐な発想だなと自分では思っていましたが、稽古が始まって笠井と森田がライオン夫婦になっていくのを見て、やはりこれでいこうと決めました。
本番でも、百子とタケルは、ちゃんとライオンの夫婦でした。
飼育員の葉山という男を演じた僕も、だんだんと二人…いや二頭のことが愛おしくなってゆきました。


ありがたいことに、再演を希望する声や、続編を観たいという声もお寄せいただきました。
なんかもう、それだけでこの作品は成仏出来るんじゃないかと思うのですが、ひょんなことから再演や続編をやる時が来るかもしれません。
ま、団体としてはレパートリーができることは嬉しいですし、いろんなキャストでも試してみるのも面白いかもしれません。



いろんな収穫のある公演でした。
たくさんの方に観ていただけたことに、ただただ感謝です。
二回観てくださる方もいらっしゃいました。
そんなこと、予想だにしていませんでした。
ありがたいことです。

もちろん、批判やダメ出しもたくさんいただきました。
まだまだまだまだ未熟な四人です。
成長していかねばなりません。


次回公演もすでに決まっております。
来年1月です。
やりたいことが多すぎます。
つまりは成長できるチャンスです。

もっともっと面白い演劇を作ってやる。
見てろよ。



添付は、ライオンの夫婦・百子とタケル。
posted by タイマン at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。